品川に迷い込んだ鯨とは - ドヤジモ!|みんなの地元応援メディア

品川に迷い込んだ鯨とは

江戸時代、品川沖に迷い込んだ鯨が祭られている神社を発見!

更新日 2016年05月22日

本日 1pv

合計 843pv



  出典 doyajimo.com

寛政十年(1798年)5月
品川沖に迷い込んだところを品川浦の漁師達によって
捕らえられた鯨の供養碑で、鯨の体長は約16.5メートルの大鯨で、
江戸中の評判となった。ついには11代将軍家斉(いえなり)が上覧するという騒ぎになった。


  出典 doyajimo.com

  出典 doyajimo.com


全国に多くの鯨の墓(塚・塔・碑など)があるが
東京に現存する唯一の鯨碑(鯨塚)だそうです。

 

応援コメントをお願い致します

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサーリンク



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)ドヤジモ!|みんなの地元応援メディア All Rights Reserved.