相談しにくいこころとからだの不調・・・ブレインクリニック東京で悩み解決! - ドヤジモ!|みんなの地元応援メディア

相談しにくいこころとからだの不調・・・ブレインクリニック東京で悩み解決!

ブレインクリニック東京では、発達障害やパニック障害、摂食障害、うつ病、月経前症候群(PMS)などの診断や治療が行えるクリニックです。子どもから大人までからだとこころのバランスが崩れてしまったときに、ぜひ悩まずに相談できる場所があるのは安心に繋がりますよね。今回はブレインクリニック東京ではどんな診断をおこなっているのかまとめてみました。

更新日 2020年03月11日

本日 1pv

合計 286pv


原因は大きく分けて2つあります。
1. 心理的原因
怖い体験を再びすることになったとき、それに上手く対処できるようにするためと言われています。
フラッシュバックするのは辛いことですが、その経験が役に立ち、後に似たような出来事が起こったときには状況を理解するのを助けるでしょう。
また、過覚醒になるのは危険な状況に置かれた時にすぐに対応し、必要な行動を起こすことができるためです。
2. 身体的原因
ストレスを感じた時にでるホルモンにアドレナリンがあります。
通常ではアドレナリンはストレスがなくなると分泌量が減ります。
しかしPTSDの場合、外傷体験の影響でアドレナリンが出続け、常に緊張し眠れなくなってしまいます。 また、脳の海馬という領域はアドレナリンの分泌量が多いとうまく機能しません。
結果として外傷体験の記憶に対応できなくなり、フラッシュバックや悪夢が続いてしまうのです。

  出典 不安障害の1つであるPTSD(外傷後ストレス障害)とは?【医師が分かりやすく解説】

症状は大きく分けて3つあります。
1. 悪夢、フラッシュバック
トラウマとなった当時の体験が寝ているときに悪夢となって現れたり、起きている間にもフラッシュバック(追体験)するといった症状がみられます。
当時の痛みやにおい、物音や恐怖心など、その時と同じ状況を心と身体で再び体験するためとてもリアルに感じられます。
フラッシュバックが引き起こされるのは、その体験に関連したささいなことです。
例えば事故にあった日が雪だったとしたら、雪の日にフラッシュバックが誘発されることがあります。
2. 外傷体験に関係する刺激の回避、精神的麻痺
フラッシュバックを繰り返すのは辛いことです。
そのため外傷体験を思い出さないように仕事や趣味に打ち込んだり、外傷体験に関連した話題や場所などを避けて気を紛らわせるようになります。
また、精神的苦痛に対して、何も感じなくなるよう感情を麻痺させたりします。
人とコミュニケーションをとることが少なくなるため、周囲の人の重荷になることがあります。
3. 絶えず警戒している(過覚醒)
リラックスすることができず神経質になり、周りに危険がないか常に警戒するようになります。いつでも不安で不眠になることがあります。   

  出典 不安障害の1つであるPTSD(外傷後ストレス障害)とは?【医師が分かりやすく解説】

  出典 tokyo-brain.clinic

月経前症候群(PMS)とは?
月経前になると、「イライラする」「気分が落ち込む」「からだの具合が悪くなる」というような症状は、 女性の約80%の方が経験していると言われています。
排卵から月経開始までの時期に、「こころ」にも「からだ」にも生じる不調を月経前症候群(PMS)といいます。
月経前症候群(PMS)は、排卵のある(妊娠が可能な)女性であれば、誰にでも起こり得る症状です。
ところが、自律神経の乱れやストレスなどがあると症状が強くなり、辛い症状に苦しめられてしまうことがあります。それを『月経前症候群(PMS)』と言います。月経前症候群(PMS)の症状は、人によって実に様々です。 精神の不安定さがとくに強い重症例は『月経前不快気分障害(PMDD)』と言い、区別されています。

  出典 月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)の症状・診断・治療【医師が詳しく解説】

月経前症候群(PMS)の症状
月経前症候群(PMS)の症状は、
生理が始まる7~10日前ごろ(長ければ14日前)の期間
から始まり、
生理終了とともに改善していく
のが特徴です。
つまり、月経前症候群(PMS)の症状は、生理周期と症状の強弱が連動しています。

  出典 月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)の症状・診断・治療【医師が詳しく解説】

月経前症候群(PMS)の精神的な症状
・抑うつ状態(気分が落ち込む)
・感情の起伏が激しくなる
・イライラして怒りっぽくなる
・不安が強くなる
・緊張が強くなる
・悲しくなる
・意欲や集中力が低下する
・一人でいたくなる
・不眠・眠気
これらの精神的な症状がとくに重く、精神の不安定さからに日常生活に明らかな障害を生じている場合は、『月経前不快気分障害(PMDD)』の症状と考えられます

  出典 月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)の症状・診断・治療【医師が詳しく解説】

月経前症候群(PMS)の身体的な症状
・頭痛、片頭痛
・下腹部の痛み
・腰痛
・むくみ
・疲労感・だるさ
・食欲が高まる

  出典 月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)の症状・診断・治療【医師が詳しく解説】

  出典 tokyo-brain.clinic

愛着障害とは、両親などの養育者との愛着形成がうまくいかなかったことで現れます。
対人関係や社会性に困難がある大人の中に、その原因が愛着形成に問題があるのではないかと考える人も少なくないようです。
愛着形成に問題があるとはどういうことなのか、子どもだけでなく、大人の「愛着障害」に対処する方法についても解説します。 安定した愛着スタイルを形成できた人は、対人関係においても、仕事においても高い適応力を示します。
人とうまくコミュニケーション出来るだけでなく、深い信頼関係を築き、それを長年にわたって維持していくことが可能です。

  出典 愛着障害とは? 症状や特徴、原因、治療法  大人の「愛着障害」における生きづらさとは

大人の愛着障害とは?
愛着の障害は、発達障害、うつや不安障害、アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症、境界性パーソナリティ障害や過食症といった現代社会の病患とも言うべき精神的な問題に関係しているだけでなく、離婚や家庭の崩壊、虐待や子育ての問題、未婚化や社会へ出ることへの拒否、非行や犯罪といったさまざまな問題の原因として注目されています。
特に、大人の発達障害の問題の背景には、子どもの時の愛着の問題が関係していています。
医学的な診断としては、アメリカ精神医学会の診断基準『DSM-5』の「反応性アタッチメント障害/反応性愛着障害」が挙げられますが、その定義と診断基準に当てはまり医療機関で診断までされる大人の方は少ないです。
診断基準に当てはまらない程度の大人の愛着障害のある方は、発達障害グレーゾーンと診断されたり、適応障害と診断されたりすることが多いです。

  出典 愛着障害とは? 症状や特徴、原因、治療法  大人の「愛着障害」における生きづらさとは

  出典 tokyo-brain.clinic

認知症を血液検査で正確に診断
認知症の型や原因によって、認知症の症状は様々です。

認知症血液検査など専門的な認知症の各種検査を含め、診察からフォローまで、総合的に対処していきます。

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

認知症の検査のメリット

認知症の早期発見が可能
認知症のリスクを判定します。
認知症が本格的に進展する前に発見し、予防に取り組みましょう。

血液検査と問診で診断可能
検査は少量の採血のみ。
大がかりな検査機器や投薬などの必要がないため、
簡単に検査が受けられます。

医療機関で実施する信頼できる検査
採血も検査結果のお渡しも医療機関で行います。
検査のご相談や検査結果の見方は医師より説明を受けられます。

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

ブレインクリニック東京では、他にもうつ病やパーソナリティー障害、感覚過敏、摂食障害、過眠・ナルコレプシー、引きこもり・不登校なども相談できます。
自分ではどの症状かわからないけど、不調を感じるという人も行ってみてはいかがでしょうか。


  出典 www.shinjuku-stress.com

ブレインクリニック東京の診療内容には叶いませんが、遠方なので通えない・・・という人もいるでしょう。
他にも東京でうつ病などの慎重・治療を行ってくれる病院をご紹介します。

副作用のほとんどない新たなうつ病・ストレス治療
「磁気刺激治療(TMS)」を専門としたクリニックです。
当院であなたらしい充実した生活を取り戻しましょう。

当院は心療内科・精神科のなかでもストレスやうつ病に特化した専門クリニックとして、医師、臨床心理士、専門スタッフがお一人おひとりに合わせてきめ細かい対応をしております。
新たなストレス・うつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を求めて、全国各地から多くの方が来院しています。
症例実績も多く経験豊富な医師や専門スタッフが対応いたしますので、安心してご相談ください。

  出典 新宿の心療内科・精神科|新宿ストレスクリニック【公式】(うつ病治療・症状・原因診断)
新宿の心療内科・精神科|新宿ストレスクリニック【公式】(うつ病治療・症状・原因診断)
https://www.shinjuku-stress.com/
西新宿駅徒歩30秒の心療内科(精神科)、【年中無休】で【夜20時まで】診療の新宿ストレスクリニック。うつ病治療の【副作用がほとんどなく】効果が短期間で期待でき、薬だけに頼らない磁気刺激治療(TMS)を行っています。ネット初診予約受付中。

発達障害は近年マスコミなどを通じて一般社会にも良く知られるところとなり、発達障害の診断を希望する患者様は増加傾向にあります。しかし、発達障害の正確な診断には、幼少期から現在に至るまでの詳細な聴取に加え、各種の心理検査や知能検査、記憶検査等も踏まえた多角的な評価が不可欠となり、多くの時間が必要となります。
また、成人の発達障害では、気分障害や不安障害等の二次障害を併存することも多く、それらの二次障害を主訴として受診に至るため、症状の根幹にある発達障害が見逃されてしまうケースも少なくありません。
看護師や臨床心理士によるインテーク面接と複数の詳細かつ多角的な検査を組み合わせ、これらの検査結果をもとに精神科医師の診察につなげます。こうした流れに変更したことにより、従来よりも早期に正確な診断に至ることが可能になります。

  出典 成人の発達障害外来 | メディカルケア虎ノ門
職場復帰(復職支援)に実績のある精神科・心療内科。企業のメンタルヘルス対策も支援 | メディカルケア虎ノ門
http://www.medcare-tora.com/index.html
メディカルケア虎ノ門(港区虎ノ門)。職場のメンタルヘルスとうつ病や不安障害等で休職中の方に対する復職支援を専門に夜8時まで診療する精神科クリニックです。

こころの病気とは
当院では、うつ病(躁うつ病)・統合失調症・睡眠障害・不安障害・認知症・パニック障害・心身症・人格障害・発達障害 などの疾患を治療対象としております。

「こころの病気」には、一時的な障害や持続的な障害がありますが、大半が脳の機能障害によるものと考えられています。原因もさまざまで、過労や人間関係などの生活環境による心因性のものもあれば、内因性疾患と呼ばれるその人の素質的なものが原因となるものもあります。内因と心因とが複合的に原因となっている場合もあります。

  出典 診療案内 - 本郷東大前こころのクリニック 東京都 文京区 精神科 心療内科 カウンセリング 東大病院近く
本郷東大前こころのクリニック 東京都 文京区 精神科 心療内科 カウンセリング 東大病院近く
http://todaimae-mental.com/index.php?FrontPage
本郷東大前こころのクリニックです。うつ病など精神疾患の診断・治療やストレスカウンセリングなどを行っています。文京区東大病院近くに位置し、丸ノ内線・大江戸線の本郷三丁目駅前です。初診予約から翌日・あるいは当日でも受診できる体制をとっていますのでお気軽にご相談下さい。
 

応援コメントをお願い致します

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサーリンク



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)ドヤジモ!|みんなの地元応援メディア All Rights Reserved.