QEEG検査が受けられる東京の病院が知りたい!土日祝日に通うならブレインクリニック東京がおすすめ - ドヤジモ!|みんなの地元応援メディア

QEEG検査が受けられる東京の病院が知りたい!土日祝日に通うならブレインクリニック東京がおすすめ

QEEG(定量的脳波検査)は、わかりにくい発達障害を目で見てわかるようにした特別な検査です。子供から大人まで発達障害ではないかと思っている人や、薬を飲んでもよくならないと悩んでいる人の強い味方!今回はQEEG(定量的脳波検査)ができる病院をまとめてみました。

更新日 2020年05月13日

本日 1pv

合計 77pv



  出典 tokyo-brain.clinic

ブレインクリニック東京

脳波はデジタル脳波の時代になりました。
人工知能(AI)を用いて、ディープラーニング(深層学習)することで、様々な脳の状態を統計学的に把握し、改善することが出来るようになりました。

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

脳波の基本
δ(デルタ)波:0.5~4Hz未満 ノンレム睡眠時に見られる
θ(シータ)波:4~8Hz未満 夢を見ている時、つまりレム睡眠時に見られる
α(アルファ)波:8~13Hz未満 閉眼、安静、覚醒した状態、ぼーっとしている時に見られる
β(ベータ)波:13Hz以上 物事を考えている時に見られる

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

まずは19個の電極がついたキャップを被っていただき、アルファ波やベータ波、シータ波、デルタ波など、周波数ごとの脳波を測定します。こうして得られたデータを、ディープラーニング(深層学習)を用いた人工知能によって解析し、脳の状態を統計学的に把握することにより、グレーゾーンの患者さまのさまざまな症状を客観的に診断できるんです。また、QEEG検査は、TMS治療の際に刺激すべき部位を正確に突き止めるための指標にもなります。

  出典 デジタル脳波の時代の検査・治療法〜QEEG検査とTMS治療〜|ブレインクリニック東京|東京都中央区 | ドクターズインタビュー

脳波を目で見て判断することは大切なことなのですね。
QEEGだけではなく、東京で脳波検査ができる病院を見ていきましょう!


  出典 tokyo-brain.clinic

東京院、大阪院と全国に2院展開
当日予約可能
東京院は東京駅徒歩3分、大阪院は大阪駅徒歩5分です。

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

症状・段階に応じた薬物治療、薬を使わない治療など個人に合った治療で、症状、脳のパフォーマンス改善が可能

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

5歳から高齢者(大人)まで発達障害の診断、治療に対応
子どもと大人の両方の発達障害外来枠があるので、安心です。

診断・治療以外の社会的なサポートとして、ペアレントトレーニング・療育やソーシャルスキルトレーニングや職業訓練などキャリア形成外来・職場復帰外来も行っています。
その他福祉機関と連携し、就労支援や職場の紹介の機会も提供しています。

  出典 ブレインクリニック東京|医療の力で脳を整える

  出典 www.a3-clinic.com

最新の脳波検査(QEEG)とニューロフィードバックをあなたの家で

お子様から大人の方まで発達障害でお悩みの方に、最新の脳波検査(QEEG)とニューロフィードバックによる脳波トレーニングを提供しています。遠隔治療を取り入れた脳波トレーニングはあなたの家で利用できます。少しでもお薬を減らせるようにお手伝いいたします。

  出典 発達障害|再生医療・総合エイジングケア 赤坂AAクリニック

子供から大人まで全ての発達障害に向き合います

発達障害(注意欠陥・多動性障害ADHD・アスペルガー症候群ASD・学習障害LD)の方、発達障害が疑われる方、さらにはご自身やお子さまの発達障害を疑っておられる方々に最新のプログラムを提供いたします。

  出典 発達障害|再生医療・総合エイジングケア 赤坂AAクリニック

  出典 www.y-clinic.com

脳波検査は脳の電気活動を頭皮上の電極から記録する検査です。頭皮上に電極を10数カ所つけて脳波を記録します。検査時間は30分強でその間に開閉眼、光刺激、過呼吸をおこないます。

痛みなどはありませんし、検査中に眠ってもかまいません。検査前の服薬も通常通りにおこなってください。

  出典 カウンセリング・脳波検査│横山クリニック

  出典 www.iidabashi-mental.jp

「身体の病気の症状としての、精神症状」や「粗大な脳の障害が関係している精神症状」を、通常のメンタルな病気として治療してしまったら大変です。良くならないばかりか、身体の病気や脳の病気が知らないうちに進行していって、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

メンタルクリニックで、脳波検査や血液検査が必要となる理由は、まずそこにあります。
一見メンタルな病気に見えても実はそうではない病気を見逃さないために、検査を行います。

  出典 飯田橋メンタルクリニック 脳波検査

  出典 doctors-interview.jp

当院は、アスペルガー症候群やADHDなど、発達障害を専門に診療しているクリニックです。大きな特徴として挙げられるのは、発達障害の特性がありながら正式な診断には至らない“グレーゾーン”の患者さまが抱えるお困りごとや生きづらさ、それを最新の手法によって診断・治療している点です。その一環として、脳の状態を目で見てわかるようにする「QEEG(定量的脳波)検査」や、既存の薬物療法とは異なり脳の神経に直接アプローチする「TMS(経頭蓋磁気刺激)治療」を導入しているんですね。

  出典 デジタル脳波の時代の検査・治療法〜QEEG検査とTMS治療〜|ブレインクリニック東京|東京都中央区 | ドクターズインタビュー

  出典 doctors-interview.jp

TMS治療は、「8の字コイル」という特殊な刺激コイルを使って、頭の外側から大脳を局所的に刺激する治療法です。「8の字コイル」を頭にかざして電流を流すと、「MRI(磁気共鳴画像診断装置)」の3分の1から2分の1程度の強い磁場が生まれ、大脳皮質内に微弱な渦電流が発生します。これによって皮質脊髄ニューロンを刺激して、脳の神経の活動を活性化したり、抑制したりすることで、さまざまな症状を改善していく――これがTMS治療の一連の流れです。

  出典 デジタル脳波の時代の検査・治療法〜QEEG検査とTMS治療〜|ブレインクリニック東京|東京都中央区 | ドクターズインタビュー

本治療は痛みや苦痛をほとんど伴わないものであり、安静に座っているだけで、治療を受けることが可能です。

  出典 投薬に頼らない治療が可能なTMS治療(経頭蓋磁気刺激)とは?【うつ病、発達障害、不安、双極性障害のなどの薬を使わない安全な最新治療法】

集中力や短期記憶(ワーキングメモリ)の改善、切り替えまでの早さの改善、ネガティブな事象に対する落ち込みの度合いの改善、こだわりの改善、緊張不安のコントロール、対人過敏や気分変動性の改善、怒りなどへの衝動性コントロールに対して効果を発揮します。

 

応援コメントをお願い致します

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサーリンク



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)ドヤジモ!|みんなの地元応援メディア All Rights Reserved.